カメラ初心者にオススメ!目的で選ぶデジタル一眼カメラ

 作品として成り立つような写真を本格的に撮っていきたい

カメラ選びのポイント

  1. 上達度合いに合わせて、自由にカスタマイズできる
    撮影レベルに合わせた撮影が可能に
  2. 交換レンズの種類が豊富である
    被写体に合わせて、最適な撮影ができる
  3. イメージセンサー(撮像素子)サイズが大きい

  • 上達度合いに合わせた使い方が出来る

    ダイヤル数が多いものを選ぶ

    一般に、ダイヤル数やボタン数が多いと、慣れるに従って使いやすくなると言われています。
    ダイヤル数/ボタン数が少ないものに比べて、撮影に合わせた設定変更にかかる手数が圧倒的に少なくなるからです。


    連射スピードが速いカメラを選ぶ

    撮影のウデが上達してくると、静止物にとどまらず、動いている被写体も撮るようになると思います。
    動的な被写体を写し止めるには、AF(オートフォーカス)の速さや、「レリーズタイムラグ(シャッターボタンを押してから、シャッターが切れるまでの時間の遅れ)」の短かさが重要です。
    連射スピードが速い機種ほど、「レリーズタイムラグ」が短くなるため、シャッターチャンスに強くなります。
    また、一般に、ニコンとキヤノンのカメラでは、キヤノンのカメラの方がAFのスピードが速いと言われています。


    防塵・防滴性能

    撮影に慣れてくるにつれ、アウトドアや、風景撮影にカメラを持ち出す機会が多くなるでしょう。
    そんな時にオススメなのが、防塵・防滴仕様の丈夫な一眼レフカメラです。


  • 交換レンズの種類が豊富である

    広大で立体感のある風景写真なら「広角レンズ」、昆虫や植物等といった、寄って撮影したいものには「マクロレンズ」といったように、
    撮影対象や、思い描く作品によって、レンズを付け替えて撮影するのがカメラの醍醐味です。
    一般的に、交換レンズの種類が豊富だと言われているのが、キヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラになります。

    被写体によって様々な味を出したいなら、交換レンズの多いキヤノンかニコンのデジタル一眼レフカメラがオススメ!

    キヤノンのデジタル一眼レフカメラ一覧はコチラ >>


    ニコンのデジタル一眼レフカメラ一覧はコチラ >>
  • イメージセンサー(撮像素子)のサイズが大きい

    イメージセンサーとは

    イメージセンサー(通称:センサー)とは、カメラ本体内部にある、レンズから入ってきた光を電気信号に変える電子部品です。
    センサーは、サイズとアスペクト比の違いで呼び名が変わります。
    代表的なものに、35mm判フィルムカメラの撮影面積と同じ面積の「フルサイズ」、多くのデジタル一眼カメラの初級機~中級機が採用している「APS-C」、
    オリンパスやパナソニックのミラーレスに採用されている「フォーサーズ」、多くのコンパクトデジタルカメラに採用されている「1/2.3型」があります。
    代表的なセンサーのサイズは以下のとおりになります。



    センサーサイズが大きいと

    センサーサイズが大きいと、「高画質な写真が撮れる」「より一層、ボケ味の美しい写真が撮れる」
    同じ焦点距離で比べた時、「写真に写る面積が広くなる」といった効果を得ることが出来ます。

    作品の幅を広げたい、大きなサイズで現像した時に写真の解像度で差をつけたいならば、センサーサイズの大きいカメラがオススメです。

    フルサイズのカメラ一覧はコチラ >>


    APS-Cサイズのカメラ一覧はコチラ >>

上記のポイントから考えた、当店オススメお値打ちカメラ