中古カメラなら コムショップ通販

中古カメラ 購入ガイド・ヘルプ

- カメラ中古販売ならコムショップ通販


コムショップ カメラ通販ご利用ガイド

中古カメラの状態について

査定時に行っているカメラの動作確認について

1. 充電が出来る
2. 電源がつく
3. AF(オートフォーカス)が正常に機能する
  ※AF : シャッターを軽く押した時に、カメラが自動的にピントを合わせる機能
4. フラッシュが正常に発光する
5. 撮影できる/画像が正常に保存される
6. ズームイン/ズームアウトできる
7. 撮影写真に歪な模様や影等が映りこまない


※「7. 撮影写真に歪な模様や影等が映りこまない」について

センサーのクリーニング
当店では、以下のような方法で撮影写真の確認を行っております。
①カメラの絞り値(F値)を22にし、フォーカスモードをMF(マニュアルフォーカス)に設定する。
②カメラがピンボケ状態になったところで、白紙を撮影。
③撮影写真を拡大して、撮影写真に歪な模様や影等が映りこんでいないか確認します。






中古カメラのコンディション・傷状態等について

当店では、中古カメラに傷がある場合は、「備考」として記載しております。

備考の記載(ストラップ欠品 など)がない場合は、当店基準で完品(欠品物なし、破損や傷などの特記なし)となっております。

カメラの傷は、備考として記載されています
コンディション・
傷状態等
参考写真(画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます)
小傷
光を当てるとうっすらと確認できる
擦り傷
白くうっすらと見えるかすり傷
印刷文字のかすれ
かすり傷(線状の塗装はがれ)
テカリが見られる
本体グリップ部の傷み
傷有
小さな塗装はがれ
小さな欠け傷
えぐれ傷
大きめの擦り傷
多数傷
液晶画面内部に
細かなホコリ混入
コンディション・
傷状態等
参考写真(画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます)
販売不可
目立つ傷が多数ある
アタリ(ヘコミ)がある
レンズ表面にクリーニングしても
除去できない目立つ汚れ・傷がある
センサーに汚れがある






中古カメラのクリーニングについて

中古カメラは、買取査定後にすべてクリーニングを行っております。

1. ブロアーやブラシ、綿棒でホコリを払っていく。その後、クロスで全体を乾拭きする。

カメラボディのクリーニング カメラボディのクリーニング
ブロアーを用いて、細かい部分のホコリまで丁寧に吹き飛ばします。吹き飛ばしきれないゴミやホコリは、ブラシや綿棒を使って取り除きます。可動式液晶モニターの裏側や、フラッシュや、スイッチ類の付け根などのクリーニングも怠りません。

2. センサーのクリーニング
(カメラのクリーニング機能でもとれないホコリが合った場合のみ)

センサーの汚れ確認 センサーのクリーニング
クリーニングモードで、撮像素子を露出させた後、直接触らないように静かにホコリを吹き飛ばしていきます。メカダストなど、油性ゴミの付着が見つかった場合は、買取をお断りさせていただいております。

1. ブロアーやブラシ、クロスで外装汚れを落とす

センサーの汚れ確認
鏡胴を繰り出し、ブラシでホコリを払ってからブロアーでゴミを吹き飛ばしていきます。その後、レンズ外装に付着した手垢や油汚れをクロスでふき取っていきます。

2. レンズ表面のクリーニング

センサーの汚れ確認 センサーのクリーニング
レンズライトを当て、ホコリや油汚れの有無を確認します。ホコリがあった場合はブロアーで吹き飛ばし、軽い油汚れや指紋が合った場合は、レンズペンでふき取ります。レンズ深部に至る汚れ・ホコリや、カビ・バルサム切れの見られるレンズの買取は行っておりません。

中古カメラ通販ページはこちら >>


目次に戻る >>

ページの一番上へ戻る